エクステリア工事で注意すべきアスベストの被害とは|環境改善運動

家

張替えを行う専門の業者

工具

最近では、ホームセンターなどで網戸や障子を購入し、自分で張替えることができます。
しかし、網戸や障子の張替えには、張替え専門の業者がいます。
網戸は常に屋外に出ている為、いろいろな汚れがついてしまいます。
また、子供やペットが破いてしまうなど、破損しやすいです。
網戸の張替えでは、網戸の種類も豊富です。
経済的なスタンダードな網戸、外側が銀色、内側が黒色で外から見えずらく、中から外が見えやすい網戸などです。
また、ステンレスでできている網戸で、錆びにくい、丈夫なものはペットのいる家庭では好まれます。
障子も、日当たりによって日焼けが目立ちやすく、汚れだけでなく、たるみや破れたりします。
障子の張替えにも数種類あります。
普通紙の障子、普通紙より4倍の強度のある障子、プラスチック素材でできた障子があります。
障子には雲竜柄などのデザインが入ったものもあります。
張替えの金額は、張替える網戸や障子のサイズや素材によります。

網戸や障子が消耗品である理由は、汚れるからです。
網戸はガラス窓の外側にあるため、雨風で汚くなります。
障子は穴があきます。
網戸はガラスのように丈夫ではないので、水洗いするにしても、ちょっと強く洗ったりすると破れたり、縁のところで切れたりします。
以前はガラス屋さんとかが網戸のネット張替えなどの手作業もやっていたようですが、今は襖や障子の張替えをおこなう業者が一緒に手掛けることが増えてきています。
しかも、親子代々の街の小さな表具屋さんやガラス屋さんもだんだん減ってしまって、リフォーム専門の業者が工場で仕上げる展開が増えています。
そうした町の職人気質の専門店にとっては、こうした全国展開している工場で電話やインターネットからの発注を受ける業者は、遠方からでも網戸や障子を車で引き取りに来るので大量に引き受けられ怖い競合相手といえます。
期日限定で大量生産がこなせるのは工場ですから、賃貸マンションなどのリフォームや賃貸物件の動く時期の網戸や障子の張替えに対応はしやすいです。
直接職人さんに頼む網戸や障子の張替えは、効率は悪くても機械的な部分がなく、丁寧で心がこもっています。
いわゆる職人の顔が見える仕事です。
一般家庭にはこちらのほうが安心かもしれないです。
網戸や障子の張替えは利用者がこの両者を利用して比較するのが一番ですが、個人業の職人さんが減ってきているのは事実です。
網戸や障子の張替えは素人でもホームセンターで道具や材料を買ってくれば、一応はできるので、プロの方の仕上がりと比べてみるのも面白いです。

網戸は、自然の風を感じる夏に、なくてはならない存在です。
その歴史は浅く、昔の知恵を生かして、快適な生活を送るために取り入れた現代の道具です。
網戸の原型と言っても過言ではない存在として、蚊帳"があります。
最近ではあまりみかけませんが、キャンプなど、特定の場面で活躍を続けています。
網戸のネットの耐久年数は、日当たりや材料にもよりますが、一般的には5~6年が目安です。
定期的に網戸のお手入れをし、定期的に網戸の張替えを行い、常に最大限の機能を発揮できるようにしましょう。
障子は、日本家屋の扉・窓に使用する道具として古くから利用されています。
扉を閉じたまま採光できることから、広く使用されるようになりましたが、ガラスの普及により活躍の場は減りました。
しかし、今でも和室にはなくてはならない存在であり、インテリアとしての評価も高く、消滅することはなさそうです。
障子の張替えは2~3年が目安です。
意外と短いと思われるかもしれませんが、障子の機能を活かすためには、こまめな張替えが必要です。
障子には、調湿作用や紫外線カット効果、冷暖房効率のUPなど、様々な機能があります。
網戸や障子の張替えというと面倒なイメージがあるかもしれませんが、昔とは違います。
今は様々な業者があり、希望を伝えるだけで短時間で張替えを行っていただくことが可能です。
網戸や障子はシンプルなものですが、様々な種類があり、奥の深いものです。
次の張替えをするときに調べてみてください。

明確な料金設定がないと、後でとんでもない料金が請求されることもあります。
しっかりホームページや無料見積もりで確認してから、その業者に依頼します。
明らかに高額な料金設定や、あまりにも低料金の業者にも注意します。
平均価格は一枚数千円なので、それを目安に選ぶと安心です。
畳の張替えを依頼したのに、無理やり障子の張替えなども勧めてくる業者にも気を付けます。
こちらが依頼した内容とは別の内容を勧めたり、追加料金ばかり請求される業者は注意が必要です。
契約書や料金表は隅々までよくチェックし、このようなミスを防ぎます。
少しでもおかしいと思ったら、すぐに誰かに相談します。
全国展開している張替え業者には、サービスや料金のバラつきがあるときがあります。
全国展開している業者で地域によってサービスが違ったり、料金に差がある場合にはよく検討する必要があります。

網戸の張替えは、自宅で簡単に出来ます。
そこで知っておくと良い情報として、網戸の張替え方法について紹介します。
まず自宅の網戸を取り付けている、ゴム部分の大きさをチェックします。
網を固定しているゴムを数センチだけは外し、何ミリか確認します。
分からない場合や不安な場合は、そのままホームセンターに数センチだけ持っていきます。
ホームセンターに行って、網と固定用のゴム、ローラーとカッターを購入します。
網は好みの明るさや大きさで決め、ゴムは自宅から持参した大きさのものかワンサイズ大きいゴムを選びます。
網はグレーや白、黒があるので家の雰囲気や希望と照らし合わせて、選びます。
専用のローラーとカッターが一緒になっている商品もあるので、これも購入します。
網戸を外し、新しい網に張り替えます。
網をセットして、その上からゴムを食い込ませていきます。
ゴムを食い込ませるのは専用のローラーで、網を一周して完了です。
余った部分の網は、専用のカッターでカットします。