エクステリア工事で注意すべきアスベストの被害とは|環境改善運動

家

家具の寿命

住宅

家具には、寿命がある。人と同じである。いや、世にあまねく存在する物質と同じである。家具には寿命がある。
いつかは、どこかに不具合が出来てしまう。擦り切れたり、壊れたりすることもある。
どんなに愛着のある品物でも、同じである。いつかは駄目になる。

とはいえ、駄目になる。壊れる。ゴミになる……と、考えをひたすらに進めていくのはまだ早い。家具には寿命が来るが、それを乗り越えることが出来るのは家具の偉いところである。
きちんとやることをやれば、一度寿命を迎えた家具でも、蘇ることがある。
例えば、座面が擦り切れた椅子の場合、それを業者のところへ持っていって張り替えてもらえば良いのである。
生地を張り替えさえすれば、椅子は新品同様によみがえるのである。生地が破れて中身がはみ出て、ガサガサした座り心地が不快であった椅子も、元通り、快適にお尻を受け止めてくれるようになるのである。

もちろん、座面の張り替えばかりが業者の能ではない。もちろん、粉々に砕けてしまったような椅子(というか、その残骸)を蘇らせるのは無理な話だが、脚の1本が折れたとか肘掛けが壊れたとか、その程度であれば修理してもらえることもある。
また、肘掛け椅子ばかりが対象なのではない。ソファなどの大型の椅子も、話をすれば修理し、張り替えをしてくれる業者はある。
もとの雰囲気を残しながら、高級ソファを安くよみがえらせてくれるところもあるのである。

椅子には寿命が来る。人と同じである。いつかは駄目になる。
しかし、そのまま駄目になりつづけていってすべてがお終いになるか、踏ん張ってもう一度よみがえるか、それは持ち主次第なのである。
もう一度よみがえる椅子は、そこにも、あそこにも立っているのである。

椅子には、チェアーと呼ばれるものと、ソファと呼ばれるものがある。
一戸建て住宅の中に入っていくと、たいていはその2種類の椅子が置いてあるのを見ることが出来る。
チェアーと呼ばれるものには、デスクチェアーやダイニングチェアーといったものがある。それぞれ、机と一セットで使う椅子であり、ダイニング(食卓)で使う椅子である。
お父さんの書斎や子どもたちの勉強部屋に置いてあるのがデスクチェアーであり、お母さんが昼間、ワイドショーを見ながらおむすびなどを食べているときに座る椅子がダイニングチェアーである。

一方、住宅にはソファというタイプの椅子もある。机に向かったり食卓に向かったりするよりも、もっとくつろいだ時間を過ごすときに使う椅子である。
ダイニングから続くリビングに、置いてあることが多い。
低いテーブルが置かれ、それをはさんだ向こうにはテレビが設置される。テレビアニメの時間には子どもたちが早々に陣取り、お風呂あがりのお父さんが座るものである。

あるいは、ソファは応接間にも置いてある。お客さんが見えたときに通す部屋である。ゆったりした座り心地のソファにお客さんは迎えられる。

チェアーとソファ、どちらの椅子もよみがえりの対象であると言える。チェアーの座面、ソファの座面を張り替えると、それぞれが蘇っていくのである。

チェアーとソファが蘇るまでの大まかな流れは、以下のようになる。
張り替えを希望する椅子の状態を、まずはサービスを提供する業者が確認する必要がある。店に持ち込むことも出来るし、最近では写真で伝えることも出来る。
ネット経由で写真を送り、状況を把握してもらうのである。
その後、張り替えに使う生地を選ばせる業者もある。さまざまな色や素材の座面のサンプルを並べ、そこから選ばせるのである。

状態が確認され、生地が選ばれたら、業者による見積もりが出る。張り替えを依頼する人は、その見積もり内容に納得できたら判を押す。
椅子が持っていかれて、希望通りの張り替えが行われて、返ってくる。
その日の夜には、復活を果たしたダイニングチェアーが食卓に置かれることになるのである。

普段はそれほど気にも留めないが、それを思い知らされる出来事が起きると、とたんにその重要性が確認される。
そんなものがある。椅子も、そのひとつであるといえる。本来それはなければならないものなのだが、いざなくなってみないと重要性に気づかないのである。
例えば、親戚一同がひとつの家に揃うような機会には、必ず椅子が一脚か二脚、足らなくなってしまうものである。家中の椅子を引っ張ってきて何とか事足りたという経験は、多くの人が味わっているものなのである。

張り替えのために、長々と椅子を持っていかれたのでは、なかなか生活がやりにくくなってしまう。そんなパターンがある。
業者がゆっくり、ゆっくり張り替えを行うために、そういうことが起きる。
早く修繕して張り替えて、送り返してもらわなければ困るのである。

そういうご家庭にピッタリのサービスを提供している、張り替えの業者がある。張り替えした椅子を、即日仕上げで送り返してくれるというサービスのことである。
そのサービスのおかげで、朝出した椅子は夜の食卓には戻ってくる。
誰かが食卓には似合わないデスクチェアーか何かでご飯を食べるという事態は、避けられるのである。