エクステリア工事で注意すべきアスベストの被害とは|環境改善運動

住宅

家具の寿命

住宅

家具は手軽に購入できるものから高級なものまで幅ひろくあるが、どんなに高級な家具であっても寿命がある。とは言え最近の技術ではリサイクルによって新たな命として復活させることができるのである。

Read More...

Associated Link

  • リフォーム会社がわかるサイト

    安心してお任せできる業者をピックアップしています。静岡でリフォームを検討しているなら目を通しておきましょう。

イチバン大切なこと

女性

ただ、厳密にいうと「防災グッズ」というものは存在しません。 防災グッズと呼ばれているものをどんなに買い揃えても、実質これらのグッズでは様々な震災を防ぐことはできないからなので、いざというときのことを想定することがイチバン大切です。

Read More...

張替えを行う専門の業者

工具

障子や網戸、畳の業者に依頼するときに、気を付けたいことを紹介します。 障子や網戸などの張替え料金を、明確に示していない業者は要注意です。 その理由と失敗しない方法を提供します。

Read More...

アスベストの種類

家

多くの建物は、木材や鉄筋、コンクリートなどの材質を使い作られていますが、そのなかでも、アスベストを使い作らてた建物が多く存在しています。
アスベストは今では使われることの少ない材質として存在していますが、以前では一般的に使われていた材質として存在していたのです。
そのアスベストには6種類のアスベストが存在しています。
その種類というのが、アクチノライト、トレモライト、アモサイト、アンソフィライト、クロシドライト、クリソタイルの6種類です。

この6種類のなかのアスベストにも、最も使用されていた種類なのが、アモサイト、クロシドライト、クリソタイルの3種類となります。
特にクリソタイルは使われていたアスベストのなかでも最も使用されていた種類として存在しています。
それぞれの種類によって異なりますが、クリソタイルとアモサイトは、人の身体に有害な種類とされているのです。

アスベスト自体は危険な材質ではありませんが、人の体内に入ることで危険なものと変わってしまいます。
人の身体で起こる危険なものというのが、肺がんや中皮腫の原因となるというものです。
こういった危険性があるため、現在では使用されることのない材質へと変わっていったのです。

以前ではこのアスベストを使用し建物が多く作られていたため、現在多くの建物でアスベスト除去が行われています。

6種類のアスベストにはそれぞれ異なる特徴が存在していますが、全ての種類に共通してある特徴が存在しています。

アスベストは一般的に、熱に強い材質とされています。
そのため、戦時中の軍服にアスベストが縫われていたほど、強力な材質となります。
また、摩擦にも強いため、強力な材質として多くの住宅やオフィスビルなどで使われていたのです。

全てのことにおいて強度があるため、数多くの建物に使用されていましたが、特徴はそれだけでなく、低費用で使うことが出来るとして使われており、エクステリア工事では必要不可欠だったのです。最近のエクステリア工事は技術が進歩しているので、使える素材も豊富にありアスベストを必要としなくなりました。

以前では手に入りにくい材質として存在していましたが、時代が進むに連れ大量に作られ手に入るやすくなり、低価格で販売が行われるようになっていったのです。
そのため、長期間建物を作る際に使用され続けていたのです。

しかし、現在ではそのアスベストの除去作業が行われ、身体に害のない非アスベストへ変更される工事が行われています。

建物の多くで使用されてきたアスベストですが、アスベストを使用することにより多くのメリットがあるため使用され続けていました。
そのメリットというのが、建物の強度を保つためのメリットです。

建物を長期間に渡り使用するには、強度が必要になります。
その強度がアスベストには全て存在しているのです。
その性質というのが、耐久性、耐熱性、防音性、耐磨耗性、耐火性・・・などです。

建物には様々なトラブルが起こることがあります。
地震によって建物が崩れてしまったり、家事が起きてしまったり、家庭内の音が外に漏れてしまったり・・・といったことがあります。
こういったトラブルを防ぐには、建物の強度が必要となるのです。

そこで、アスベストは全ての強度が揃っているとして使われていたのです。
そのため、建物の全てといっていいほどアスベストが使用され、住宅やオフィスビル、体育館、施設など全ての建物の建築現場で使われていたのです。

こういった建物以外にも、アスベストの効果を利用しようと使用されている場面があります。
それは、自動車のブレーキ箇所や摩擦が起こる箇所、配管や機械などのパッキン箇所などです。
工場や自動車にもアスベストは多く使用され、人の生活を支えてきたのです。

そのアスベストは現在、建物で使用されているアスベストの除去が行われています。

アスベストは住宅やオフィスビルなどといった箇所だけでなく、自動車や機械などにも使用されている材質となります。
そのアスベストを特に住宅やオフィスビルなどの建物では、業者によって除去作業が行われているのです。
除去作業には3パターンの内容が存在しており、それぞれに異なる作業が行われています。

■除去
除去作業はアスベスト除去の際に最も行われている作業となります。
アスベストが使われていた建物の箇所全てのアスベストを除去し、非アスベストへ変えていくという作業が行われているのです。
非アスベストへ変えることにより、発じんの予防ともなるのです。

この除去では特に、劣化が進んでいる箇所や雨漏りなどを起こしている箇所の除去を中心に行われています。

■囲い込み
主に、アスベストは天井や壁に多く使われていた材質となります。
その天井や壁といった箇所を、他の材質で覆い被せ、アスベストが室内に出てこないように工場が行われているのです。
工場では、アスベストがむき出しにならないよう、丁寧な作業を行います。

■封じ込め
天井や壁に存在しているアスベストに、固化剤を使用し繊維が飛び散らないようにする工場です。
固化剤をアスベスト表面に塗ることにより繊維が空気中に飛び散らず、建物内部に封じ込めることができます。
この封じ込めにも2パターンの工事が存在していますが、どれも固化剤を使用し固める作業となります。

こういったように、建物に使われたアスベストを、業者では様々な方法で除去が行われているのです。

多くのメリットがあるため、様々な場面で使用されてきたアスベストですが、アスベストは人の体内に入ると害となるものへと変化していきます。
その害となる多くは、肺がんや中皮腫です。

アスベスト自体は危険な材質ではありませんが、体内にはトラブルを起こす原因となります。
吸い込むとすぐに症状が表れるというわけではなく、時間が経ち出てくる症状となります。
その時間というのが長く、30年から40年ほどの期間が立つことにより、身体の異常に気付くのです。

全てのアスベストの種類が害というわけではありませんが、特に有害なアスベストとされていた、クリソタイルとアモサイトが多く使われていたため、危険なアスベストとして存在しているのです。

アスベストを吸った量や期間、種類によって肺がんや中皮腫となる可能性が異なってきますが、どれも単体では病気を発症する原因にはなりません。
喫煙や、体質により肺がんや中皮腫となる人もいるため、そういった出来事と重なり病気を発症する可能性が高くなるのです。

アスベストは現在では使われていませんが、以前では多く使われていた材質となるため、定期的な健診や健康診断を受けることで早期に発見することの出来る病気となります。
全ての人が発症するわけではありませんが、早期に発見できることで、治療することの出来るものとなるのです。

そういった健診と同時に、業者での除去作業も早期に行い、身体の安全を守っていきましょう。

アスベストを最も使用されていた時代というものがありますが、その時代の建物を利用していた人は特に、医療機関での定期的な健診はとても大切なものとなります。
使用したアスベストの種類や吸った量などで、身体に害となるかが決まるため、全ての人が危険となることはありませんが、定期的に健診を行うことで、身体の健康を知ることが出来ます。

特に、アスベストは数十年という期間体内に潜伏しているため、身体のトラブルにすぐ気付くことが出来ません。
そのため、定期的な健診で健康を確かめることが大切なのです。
そこで、健診を行う医療機関を利用します。

医療機関にも様々な医療機関が存在していますが、なかでも、呼吸器系のある機関を利用することにより早期に健診を行うことが出来ます。

アスベストを吸うことにより起こる症状として、咳や呼吸の乱れ、胸の痛みなどの症状が出てきます。
そうした場合、外から検査しただけでは症状がわからないため、X線レントゲンを撮る必要があるのです。
そのため、X線レントゲンなどが行える医療機関を利用することで、紹介状の必要や、医療機関をハシゴすることなく、早期に原因を見つけ、治療を行うことが出来るのです。

こういった症状を発症するため、現在ではアスベストを除去する工事が多く行われているのです。